Skip to content

ハビターレのテーマ・エリアについて

ハビターレのテーマ・エリアには、子ども向けエリアのハビ・キッズ、照明トレンドを紹介するハビターレ・ライト、ビジネスエリアのハビターレ・スタートアップがあります。さらにティカウのキュレーションによる、サスティナビリティともっと暮らしやすい世界を志す企業や商品を紹介するエシカル・エリアがあります。

ハビ・キッズ

ハビ・キッズはハビターレがプロデュースする子どものエリア。子どもやファミリー、子供の心を持った人たちが一緒に遊べるところです。また、見本市の喧騒の中でひと休みできるカフェもあります。

今年のハビ・キッズのテーマは「ムーミンと海」。ムーミン美術館とのコラボで実現します!ムーミンの灯台までボートを漕いでいき、水辺のカフェでひと休みしてはいかがでしょう。ムーミンの世界をぜひ体験してみてください。

ハビターレ・スタートアップ

ハビターレのスタートアップ・エリアでは、デザイン業界の注目株、魅力的な新しいブランドや会社を一挙に紹介します。この業界で始めたばかりの注目すべき人たち、成長著しい新しいブランドの商品を、より多くの人たちに紹介するために作られたエリアです。

ハビターレ・ライト

ハビターレ・ライトでは、照明のトレンドや魅力的な新商品、照明や空間ごとの照明の役割、照明がインテリアの一部としてどんな影響を及ぼすかなどの最新の情報を紹介します。

エシカル・エリア

ハビターレのエシカル・エリアで紹介する企業や商品は、その背景にサスティナビリティが根差していること、世界がより良くなるようにという思いがあることです。商品は外見も内面も美しく。商品はその出自とストーリーが分かるものを。

小さな村のマーケットからヒントを得て、このエリアでは、生の声と情報が交差する消費者とエシカルな業者との出会いの場を作っていきます。このエリアは、近隣や遠方でエシカルに作られた商品たちがそれぞれのストーリーとともに紹介展示されます。キュレーションはフィンランドのティカウ(Tikau)が担当します。